院内常駐の技工士が
義歯の完成度をさらに高める

──仮歯の検証には、どれくらいの時間をかけるんですか。

たとえば治療する歯が1本だけの場合、仮歯を入れたあと噛み合わせなどに問題がなく、違和感もないということであれば、比較的すぐクラウンを入れることもあります。一方で歯周病が進んでいるような場合には、仮歯から最終的な被せものへ移行するのに数ヶ月かかることもあります。

歯周病が進んでいる患者さんの場合、歯周組織が健康になって落ち着くまで仮歯で治療します。歯周病が治っていないと、きれいに治療してもよい状態が長続きせず、大きな退縮(※歯ぐきがやせて下がっていくこと)などが、起きてくる可能性があるからです。

もちろん、すべての患者さんが仮歯で何ヵ月も過ごさなければならないかというと、そんなことはありません。このあたりは患者さんの症状やケースによって、さまざまです。

重要なのは、被せものをして終わりというのではなく、「どうしてその歯が悪くなったのか」を、トータルで検証していくことだと思います。噛み合わせが悪かったり、歯磨きしづらい状態になっていたことが原因であった場合、そこを治療で解決していかなければ、結局は同じことの繰り返しになってしまいますから。

審美的要素の大きい前歯などの場合は、歯の形、色といった部分にも配慮します。そうやってできあがった仮歯──患者さんが噛んでも問題がなく、見た目も満足できるようなもの──を、少しずつレジンからセラミックに置き換えていくわけです。

クラウンを入れても歯ぐきに食べかすが溜まったり、歯ぎしりで歯周組織に負担がかかってきたりすると、それが原因で歯周病が進行することがあります。歯の治療は歯周組織も含め、トータルで考えていくことが大切です。その上で被せものを支える歯根、歯ぐきなどを歯科衛生士さんたちと一緒にケアしていくこと、いわゆるメンテナンスも重要になってきます。お口のなかの健康が維持できるよう、さまざまな面からアプローチしていくわけですね。

──ワタナベ歯科医院は院内に歯科技工士が常駐していますが、技工士がいることで、仮歯や被せものを作る際に違いがあるんでしょうか。

かなり大きな違いがあります。技工士が院内にいない場合、歯科医師や患者さんからの希望、要望などは書類で伝えることになるわけですが、書面だとどうしても説明しきれないことや、話の食い違いが出てきてしまうんですね。院内に技工士が常駐していて、実際に顔を見て説明できるというのは、大きな利点のひとつだと思います。

院内にある技工室。歯科技工士が院内に常駐することで大きな違いがうまれる

たとえば前歯の幅や長さ。これは左右でわずか0.2㎜違っていても「変な感じがする」と気づく方が多いんです。口のなかというのは、それくらい繊細なんですね。患者さんは、理由は具体的にはわからないけれども「なんか変だ」という違和感として、違いを訴えるわけです。そんなとき、その場に技工士がいれば「これは義歯の幅や長さが0.2㎜程度違っていて、そのことを言っているのだな」と、すぐにわかります。

仮歯で感じた不具合などを踏まえた上で、ここをもっとこんな形にしてほしいとか、歯の色/形はこんな感じがいいといった見た目の要望についても、かなり綿密に打ち合わせできます。カラーリングラボ(※理想的光環境で義歯や差し歯の色合わせをおこなう専用スペース)で患者さんが直接、技工士と相談することも可能です。

──仮歯をどこまで作り込むかで、最終的なクラウンやブリッジの完成度も変わってくるわけですか。

はい。さらに言えば、お口のなかの健康にも大きな影響があるんですよ。たとえば、もともとの歯と違う形のクラウンを入れてしまうと、歯ぐきやほかの歯との間に段差ができて、そこにものが溜まりやすくなってしまいます。段差があるわけですから、歯磨きも当然しにくい。それが原因で歯ぐきに炎症が起きたり、ひいてはそれが歯周病の原因となったりしてしまうわけです。噛み合わせが合っていない被せものを長く使い続けると、歯を支えている歯根や歯周組織に悪影響を及ぼすこともあります。

──そう考えると仮歯って、とても重要なものなんですねえ。

本当に、おっしゃるとおりですね。

お口の治療計画は長い目で。
「かかりつけ医」をつくりましょう

──歯の治療はある程度長い目で見て、トータルで考えることが大事、という話がさっき出ましたが、それはどうしてですか。

たとえば歯が悪くなるたびに違う歯医者さんに行くと、その悪い部分だけ治すことになりがちです。その場合、1本の歯を治すということに関してはいいかもしれませんが、お口のなか全体の健康という面からで考えると、どこかに負担がかかっていて、今はよくても数年後にはこっちが悪くなる、というようなことが起きてくる可能性があるわけです。

当院にも「前に被せものを入れてもらったんだけれども、噛み合わせがどうも合わない」と来院される方がいらっしゃいます。そういう患者さんの口のなかを見てみると、噛み合わせがきちんと合っていなかったりして、その場その場で治療していったんだろうな、ということがよくわかるんですね。先を見据えた治療のためには、やはり患者さんと長く関わっていくことが必要不可欠で、そのためにも行きつけの歯医者さんをつくることが重要だと思います。

歯医者さんこそ「かかりつけ医」を。小さな積み重ねが年を取ったとき、大きな違いとなってくる

20代、30代の頃は、あまりイメージできないかもしれませんが、50代、60代と年齢が上がってくるにつれて、さまざまな問題が出てくるわけで、そのときのことも視野に入れながらどうするのがよいか、歯医者さんと一緒になって考えていくのがよいと思います。かかりつけの歯科医院があれば、そういったことも可能になってくるわけですね。私も普段から単に虫歯を治療するのではなく、口のなか全体の環境をよくしていくにはどうしたらいいか、そのための提案をするよう、つねに心がけています。

──そのためには長期的な視点でアドバイスしてくれる歯医者さんであることが大前提だと。

そう思います。あとから振り返ってみて「あの歯は、じつは抜かずに済んだんじゃないか」と思っても、そのときにはもう手遅れなんですよ。そういったことが起きないよう、治療プランを患者さんと一緒に考えていくのが、じつは私たちの一番大事な仕事なんじゃないかと思います。

今現在、口のなかにどんな問題があって、それに対してどのような治療方法があるか。その選択肢をできるだけ多く提示して、その上で、これが一番いいと思います、というアドバイスをしていく。院内に技工所があるのも、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)やCTスキャナといった設備を積極的に採り入れているのも、みんな「よりよい治療」に必要なものだから。すべてはそこがスタートなんです。